Banner

home蔓ききょうのこだわり有名料理人・グルメ御用達推薦人の太鼓判メニューお客様の声お店について

間もなく、ジビエシーズンは終了しますが、今年は豊猟です。
当分の間、滋賀の山と琵琶湖の恵みをお出しできます。

11月15日に解禁となった日本の狩猟シーズンも2月15日で終わりました。今年は山の木の実の実りがよく、月の輪熊、猪、鹿も餌が十分にあり、よく肥えていて肉質もよかったです。一昨年にご縁をいただいたハンターさんは、解禁日から月の輪熊をハンティングされたのをはじめ、今年は多くの山の恵みをハンティングされています。お世話になっているハンターさんは、お肉にいる寄生虫などの駆除もかねて一度急速冷凍されてから送って下さっています。何度も言いますが、今年は豊猟ですので猟師さんのストックが尽きるまで滋賀の山の恵みである、月の輪熊、猪、鹿のお肉をお楽しみいただけます 。

 
     
 

ハンティングされた月の輪熊を捌いています

ハンティングされた鹿を捌いています

そして、このハンターさんのご紹介で琵琶湖の漁師さんともご縁をいただき、今シーズンから本格的に琵琶湖の天然の鴨も入荷しました。シャラン鴨も美味しいですが、やはり琵琶湖の天然鴨は滋味あふれる本当に美味しいお肉です。本鴨(青首)、カルガモはもちろん美味しいですが、漁師さんがダイガシラと呼ぶホシアジロは絶品です。琵琶湖以外のホシアジロは、脂がのっていなく一般には美味しくないとされているのですが、琵琶湖はえさが豊富で、ホシアジロいやダイガシラは絶品中の絶品で、漁師さんがもっとも愛する鴨です。 他にも、今が旬の琵琶湖の小鮎など琵琶湖の幸も季節ごとに入荷します。入荷状況はブログ「美味しい芽」にて報告します。
また、猟師さんとお知り合いになり猟師料理も教わりました。猟師さんだけが知っている美味しい料理もお出ししています。ぜひお越しください。

 

ダイガシラ

 

絶品 琵琶湖の小鮎

脂の見事な中鴨とカルガモ

人気定番メニューのご紹介

焼野菜盛合せ
 蔓ききょう1番人気の焼野菜盛合せ。京都田鶴農園さんをはじめ日本中から美味しい野菜をお作りになっている生産者から直送していただくこだわりの旬の野菜を炭火でこんがり焼きあげた調味料は塩だけ、素材の味をダイレクトにお楽しみいただきます。野菜嫌いのお子様も蔓ききょうの野菜なら食べると嬉しいお声をいただくことも。本当の野菜の持つ美味しさをぜひ味わってください。

フォアグラコロッケ
 鴨のフォアグラ(フォアカナール)を丁寧に裏ごしして作った、焼コロッケです。フォアグラの濃厚な味わいとアンマッチなように思える不老泉の奈良漬ソースがフォアグラの味を引き立てます。添えている自家製パンと一緒にお召し上がりください。リピート率の高いメニューです。

ビュルゴー家のシャラン鴨
 フレンチで人気のシャラン鴨。シャラン鴨と呼べるのはビュルゴー家が育てるものだけです。日本の鴨は血抜きをしますが、シャラン鴨はエトフェと呼ばれる窒息させた絞め方で血を抜かないので、より一層鴨の味が濃くなります。年間を通じてお召し上がりいただけるジビエです。もちろん蔓ききょうでは鴨本来の味をお楽しみいただくため、塩でお召し上がりいただきます。


蔓ききょう 巨匠・名人との
コラボレーション イベント。これまでのイベントのご紹介 食べログ話題のお店

〔受賞歴〕
 食べログ ベストレストラン 2014
 食べログ ベストランチ 2014
 食べログ ベストレストラン 2013

blog 美味しい芽
ご予約・お問合わせはコチラから
TEL 077-545-7837
 
営業時間:11:30~14:00
        17:30~22:00

  ランチ:11:30~14:00
  ラストオーダー:13:00

  ディナー:17:30~22:00
  最終入店時間:20:00まで
  ラストオーダー:21:00
  飲み物ラストオーダー:21:30

駐車場について >>


7月の定休日 
 5日(火)・6日(水)・13日(水)・
 19日(火)・20日(水)・27日(水)
 7(木)・14(木)・21(木)・
 28(木)のランチ

8月の定休日
 2日(火)・3日(水)・8日(月)・
 18日(木)・25日(木)・29日(月)・
 30日(火)・31日(水)
 4日(木)・9日(火)・19日(金)の
 ランチ

9月の定休日
 1日(木)・7日(水)・13日(火)・
 14日(水)・22日(木)・28日(水)・
 2日(金)・8日(木)・15日(木)・
 23日(金)・29日(木)のランチ


定休日は諸事情により突然変更となる場合がございます。ご了承ください。
無料会員登録はこちら
接待・会食のご案内
求人情報
モバイルサイトはこちら

京西陣菓匠「宗禅」

蔓ききょう
当サイトへのリンクについて

 


ブログはこちら